都市型ハイヤーlab. ハピネス行政書士事務所

03-3686-2366平日9:00~17:00
CLOSE

お知らせ

ハイヤーの許認可に必要な”人的要件”とは?

陳 暁辰 投稿者:陳 暁辰

ハイヤーの許認可に必要な人的要件とは?

ハイヤー事業は一般乗用旅客自動車運送事業内の一つです。定員10人以下の自動車を事前契約で貸し切って旅客を運送することになります。

ハイヤーの許認可申請には以下の要件で構成されています。

今回、人的要件についてご紹介します。
ハイヤー事業は専従役員、運行管理者、整備管理者と運転手が要件として揃わないといけません。

専従役員

法人の場合、役員のうち1名以上が専従する必要があります。その役員は法令試験を受けます。専従役員は運行管理者や整備管理者に兼務可能ですが、運転者の兼務が難しいです。
その理由は乗務中に急遽専従役員が対応する事態が起きた際に、すぐに対応できず、管理体制の指揮命令系統が成り立たないからです。

運行管理者

営業所ごとに、配置する事業用自動車の数により、少なくとも常勤勤務可能な運行管理者資格を有する者を1名以上確保する必要があります。

  • 30両未満…1人
  • 30両以上60両未満…2人
  • 60両以上90両未満…3人

整備管理者

営業所ごとに、常勤勤務可能な整備士資格(3級以上)を有する者か、4輪自動車の点検や整備の実務経験を2年以上有する者且つ整備管理者選任前研修修了した者を1名以上確保する必要があります。因みに整備管理者は運転手兼任可能です。

運転手

ハイヤーを設置可能の交通圏によります。
1車1人制の場合1車あたり必要人員は1.4人。10台の場合は14人以上、5台の場合は7人以上確保必要があります。第二種免許資格は運輸開始まで取得出来れば問題ありません。

  • 1車2人制 1両あたり必要人員 2.8人
  • 2車3人制 1両あたり必要人員 2.1人

参考 「一般乗用旅客自動車運送事業(1年1車制個人タクシーを除く。)の許可申請の審査基準について」

ハピネス行政書士事務所なら・・・

事業計画の作成から
事業の開始まですべてサポート

要件を満たしているのか分からない・・・。お客様の状況を確認させていただき、事業(資金)計画の作成からサポート。煩わしい必要書類(車幅証明、履歴事項全部証明書など)の取得も、弊社で代行できます。

専門知識をもった
中国人スタッフの対応

都市型ハイヤーの許可申請の多くが、中国系企業の方です。専門知識をもった中国人スタッフが常駐しているので、抵抗なくご相談いただけます。

北海道から石垣島まで
スピード全国対応

都市型ハイヤーの許可申請が経験豊富な行政書士は、全国でも限られています。近親の行政書士に相談したけど、納得の答えが得られず、弊所に来られるお客様も多くおられます。北海道では、都市型ハイヤーの申請第1号を弊所で申請しました。

遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Zoom相談